HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
2018年5-6月のスケジュール公開しました。
ウェブサイトの「教室スケジュール」からご覧ください。








ネパール地震 支援金を募集しています。詳しくはこちらから。より多くの方の協力をお願いいたします。
募金箱設置場所はこちらから

ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会






Happyヘナのウェブサイトはこちらから
Happyヘナのブログはこちらから


ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2018-05-19

アローについて パート3

昨日はアローの商品マフラー、ストールについてご紹介しました。

今日はアローのバッグについて紹介します。

アローの極太の糸を使って編まれたバッグ。
これね、10年前くらいはネパールでもよくあったんです。

おじいちゃんがお買い物バッグとして使ってたし、村では野菜などを入れて壁にかけたり、とにかくどこでも見てました。

私は初めバッグとして使おうかな~と思っていましたが、ある日
「これは常備菜入れにぴったりなのでは!?」とひらめき、その日以来じゃがいもや玉ねぎを入れて物干し竿からつるしています。


虫は来ないし、日陰に移動もしやすいので、もうばっちりの使い心地なのです。


しかし私がそのベストな使い方を発見し、教室の生徒さんたちに宣伝し始めたころには、このアローバッグはネパールの市場から姿を消していました・・・。

アローのこのくらい太い糸を使ってのバッグはネパールでも数が非常に減っています。


これは待って待って待って頼み込んでようやく入荷したものです。

なので本当に貴重なんです~


今回入荷したバッグをネパールのお母さんたちに見せたら、「もうこんな良いものはネパールでも作る人が少ないだろうね」と興奮気味にお話してました。
ネパールのお母さんたちの長年使ってきたご意見としては
「このバッグは野菜を入れてつるすのに最適だよ。丈夫だし何年使ってもだめにならない」とのことでした。

ちなみに写真のバッグは私が5年以上使っているものです。
外の風にもまけず雨にも負けず全然何も劣化してない状態で日々使えています。

日本はおうちも狭いし、こうして自分がおきたい場所に移動できるバッグって貴重だと思います。そして常備菜は常温保管だと長く楽しめるのでお勧めです。



気になる方はぜひお手にとってごらんください。









2018-05-18

アローについて パート2

昨日アローの植物からどうやって繊維をとるのか、それをどうやってつむぐのかなどなどお話しました。

今日はそのアローの糸を使って手編みまたは手織りされた製品をご紹介。

アロー手編みマフラー


こちらは少し太めの手紡ぎの糸を使って、ざくざくに手編みされたマフラーです。
この長さといい幅といい、おそらく日本人が求めているものではないでしょうか。
この商品は太目の糸を使って手編みされていますので、非常にしっかりとしています。

新品は麻糸のようなゴワゴワ感があるのかと思われるかもしれませんが、まったくありません。使うとシルクのような光沢がでてきて、やわらかくなっていきます。
左が5年使用 右側が新品です
愛用して私が育てた、アローのマフラー。イベントでお客様にも「よい感じに育てたわね~」と褒めていただけます。使えば使うほど光沢がでてシルキーになるので、ついついアローを選んでいつも使っちゃうんですよね。


山や川、外でのイベントなど日差しが射すところでも日よけとして、大活躍です。
アローには自然の紫外線防止効果もあり、汗の吸収力の良さはおそらく随一。

私は麻やリネンなどさまざまな素材を使ってきましたが、アローの肌さわりが一番心地良いかと思います。

実際繊細肌の方に一番お勧めしたいのがアローです。
夏の暑い日差しからあなたのお肌を守りましょう~
ぜひぜひお手にとってご覧くださいね!

アロー手織りマフラー、ストール、ショール

こちらは糸紡ぎ車で紡いだ細い糸で手織りした、マフラー、ストール、ショールなど。
短い幅から長いものまでいろいろあります。

ざぐざぐ編みのものよりも糸が細いので、繊細な印象。こちら大変素敵な装いになります。





教室に並べていますので、興味ある方はこの大変貴重な植物から丁寧に作られた手仕事をご覧くださいね。



2018-05-17

アローについて

ネパールの豊かな自然から生まれるさまざまな繊維。

その中で今日はアローにスポットライトをあてたいと思います。

アローは標高1500-3000Mの急斜面に生息する植物です。



英語の名前はHimalayanNettle。ネパール語でアローと呼ばれています。
麻やリネンに比べると聞いたことのない名前かもしれませんね。

標高の高い急斜面に暮らす村の人々は家畜を買い、田畑を耕して生計を立てます。
この暮らしの中では現金収入は少ないため、村の人たちは村でとれるアローから繊維をとり、手織りをしてさまざまな商品を生み出します。


アローはこのような植物です。

村ではアローの葉を食しますし、薬になりますし、そして生活用品もアローから作られます。村の人にとってはアローはすべてです。


成長したアローの茎の外皮部分から繊維をとります。

外皮のみを取り、束ねて灰と一緒に煮込みます。
水で何度も洗い、たたいて繊維に残った皮などを取り除きます。
それを天日干しして乾いたら、こんどは紡いで糸の状態にします。
この植物からとれる繊維の長さは58cmで世界最長と言われています。

こうしてできたのがアローの糸。アローはヘンプよりやわらかく、シルキーな肌さわり。
糸をつむぐのも手作業です。ネパールの女性たちは農作業や家畜の世話のかたわら、手を休めずずっと糸をつむぐのです。

こんな感じです。私も村を訪れているとき道中よく重い荷物を持ちながらしかし手では作業しながら歩く女性たちに会います。農家の人たちはよく働くのです。

こうしてできあがるアローの糸は下記のような素晴らしい特性があります。


  • 繊維の表面に穴があり、保温性・放出性に優れている
  • 吸水性が高く、速乾性がある
  • リネンよりもつやがあり、強い
  • 一切の農薬を使用せず自生している植物から作られる100%オーガニック製品
  • アローの森は再生力が早いため、森の環境を守った状態で生産が行える
  • 肌に優しい

アロー製品が市場でも売れるようになることは、村の人たちが村にいて伝統や森を守りながら生活できるということを保障することになります。

私たち消費者には上記のようなメリットがあり、実際そこに住んでいる人たちにもメリットがあり、環境的にも優しいとなるとこういうものを使ってこそとみなさんにお勧めしたいです。

明日はアローの糸を使った商品について紹介していきたいと思います。

2018-05-15

5月のリピート企画終了しました♪[スパイス&ハーブ料理 広島]

4-5月は山菜が旬を迎えて旬の味を楽しむ季節ですね。

今回は山菜を使ったスパイス&ハーブ料理ということで、リクエストを受けてリピート企画開催です。

山菜は日本の春の恵みですが、使い方や調理方法がわからず結構人気が減ってきている食材の一つではないでしょうか。

GREENキッチンではそんな食材にもスポットを当てて、和食だけではない、新しい食べ方を皆さんにご紹介しています。

木の芽の香りを楽しめるフライドライス&やさしい味のスープ。こちらはおなかが弱ってるときに食べてくださいね。

好き嫌い別れちゃうかしら・・・と心配してたベジスイーツですがさわやかな味に大好評!

リピート企画とは言っても、毎回レシピを磨いております。

時代とか年齢とか現在の健康への傾向とかそういったものを含めて見直すので、より健康的なレシピになっております。

また習う方も1回目では発見できなかった新しい学びもあるので、2回目の参加でも楽しんでいただけますよ。

私自身もこうしてリピート企画を通じてレシピと改めて向き合うことで、新しい発見があるのです。


普段はあまり敬遠して食べることの少ない山菜。

スパイスとハーブの力で新たな魅力を引き出してまた新たにみなさんにご紹介していきたいと思います。

参加してくださった皆様、ありがとうございました~

2018-05-06

お寺で集中瞑想コース 終わりました[瞑想 広島]

HimalayanYukiでは 定期的にお寺での集中瞑想コースを行っています。

この集中瞑想コースは、1日を通じてさまざまな瞑想を行いながら瞑想への経験を深めることを目的にしています。また、教室に通うことが難しい方が一度に瞑想について学びたいという方にも向いています。


お寺は人が祈るために来る場所なので、お寺の空気感は特別です。
祈りを捧げ、くべる香。1日中おこうの香りに包まれて瞑想・・・。

その中で香の香りに包まれてする瞑想は いつもの場所で行う瞑想とは異なる効果を生み出してくれます。

初めに先生から「1日終わったあとどんな心になっているのか」お話がありました。
そのさい、1日終わったあとの自分の気持ちや感覚に思いをはせてみましたが、この始まりのときに想像した感覚なんて、実際1日瞑想を行って得た感覚とはまってく違うものがありました。

実際に経験した人しかわかりえないこの感覚。
言葉では表現できません。


1日瞑想をするということで、できるのかなと不安に思いながら参加していた人もいらっしゃいました。でも1日終わると、この瞑想から得た経験が1日瞑想に参加してよかったと心から言われている姿を見て、改めて瞑想の素晴らしさを実感する1日になりました。

きっとみなさんの中にさまざまな気づきがあったことと思います。
そうしてこの日だけでなく、この瞑想経験を通じてこれからの生活でさまざまな気づきに出会っていくのだと思います。




新しい息吹を感じさせる田畑の風景。自然には同じ姿なんて1日もないんですね。

お寺での1日行う瞑想。

とっても素晴らしい時間になりました。

参加してくださった皆様、ありがとうございます。


2018-05-02

6月のスケジュールアップしました!

6月のスケジュールアップしましたのでお知らせいたします。

6月の注目クラス

★ ヨガクラス 今月より新しく日曜日の午前のクラスを導入しました!土日しか時間が取れないという方にお勧めです。
5月よりヨガクラスは女性限定となります。


★ ワークショップ
今回のワークショップは体の要、首と肩のためのヨガワークショップです。
仕事や生活のくせで硬くなった首と肩をほぐして体を軽くするためのクラスです。
日ごろ同じ姿勢でお仕事する方、首や肩が硬くて重たいなと感じる方はぜひ!


★ GREENキッチン(スパイス&ハーブ料理教室)
旬のお魚とスパイス&ハーブをたっぷり使ったマリネを作ります。
リピート企画は2011年6月に行ったこちらもアナゴマリネ。
ラブコールに応えて開催です!


詳細なスケジュールはこちらから

通常の瞑想クラス、ヨガクラスももちろんお勧めです!

5-6月も穏やかで健やかにおくれるよう、たくさんの方にお越しいただけたらと思います。


2018-05-01

フラワーフェスティバル出店場所について

ネパール&日本 自然と平和の会のブログにフラワーフェスティバルの出店場所について掲載しました。

こちらからご確認ください。

ネパールの手作り品を持ってみなさまをお待ちしています。