HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
5, 6月のスケジュール公開しました。
ウェブサイトの「教室スケジュール」からご覧ください。
イベント情報
6月24日(土) 15:00-16:30 国際ヨガの日 イベント 「瞑想」クラスを開催いたします。
詳細はこちらから



表彰式情報
ネパール&日本 自然と平和の会がこのたびユネスコ奨励賞を受賞いたします。表彰式の情報はこちらから







ネパール地震 支援金を募集しています。詳しくはこちらから。より多くの方の協力をお願いいたします。
募金箱設置場所はこちらから

ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会






Happyヘナのウェブサイトはこちらから
Happyヘナのブログはこちらから


ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2015-01-26

春の訪れを告げる スリパンチャミ

ネパールではお祭りが多い。

先日もロサールというお祭りがあったけれど、それについてもかけず、時間がすぎてまた次のお祭りがやってきました。
昨日はスリパンチャミでした。

スリパンチャミというのは、知恵の女神様サラスワティを祀るお祭りです。

知恵の女神さまサラスワティは、日本でいう弁財天。



学生さんたちはおうちや学校でプザという儀式をして、よく勉強ができますようにとお祈りをささげる日でもあります。

朝、出かけるときに近くの学校をのぞいてみると学生さんと先生たちがスリパンチャミの儀式の準備をしていました。


スリパンチャミは春の訪れを告げるお祭りでもあります。

昨日がスリパンチャミだったのですが、今日はなんだかすごーい寒い。
春の訪れはあともう少しかな・・・。


2015-01-24

紅綬褒章

危険を顧みず、人命を救助した方に贈られる、紅綬褒章。

まさかネパールから記事をアップするときに、紅綬褒章について書くことになるなんて驚きです。

本日のアンナプルナ新聞の一面を飾ったのは、この紅綬褒章が贈られたネパールの若い青年のお話でした。

ネパール人の男性アヌジャラーズ・カルキさんが、東京駅で21歳の女性が線路に落ちたのを救助したそうです。

記事のタイトルは
「日本の最高位の栄誉」というタイトルでした。
写真の右側は阿部総理です。本来は天皇陛下から贈られるのですが、この方そのときに日本にいなかったみたいで、次の月に阿部総理から授賞式があったそうです。


日本に関する記事はときどき新聞に載っていますが、こうしてネパールと日本に関する記事が載ることはあまりないので、しかもとっても良い内容ですし!

日本人としてとっても嬉しいニュースでした。


2015-01-21

Nescafe娘

最近ネパールの街でよく見かける、NESCAFEガール。
NESCAFEボーイもいるのですが・・・。

こうやってポットと必要な材料を肩からぶら下げ、そこでコーヒーを作ってくれます。

パウダーミルクとコーヒーのパウダーを入れて少しずつお湯を入れてかなりかき混ぜると泡がたちます。
これがこの人たちのおいしく見せるこつですね。

初めてみたNESCAFEガール。
このビジネスが始まってまだ1年もたってないらしい。

もの珍しそうに見ていたら、なんと、もともと注文していたお店の人がなぜか私たちの分までおごってくれました・・・。なんと太っ腹なネパール人。



帽子に「MY OWN BUSINESS: 個人事業やってます(意訳)」と刺繍があります。
笑顔も素敵です。

飲んでみると結構おいしかった。
ありがとう、NESCAFEガール、ありがとう、お店の人!

2015-01-20

パシュパティナート寺院

パシュパティナート寺院はヒンズー教のシヴァ神を祀る寺院です。

同時にネパールではヒンズー教の亡くなった方を荼毘にふす、焼き場でもあります。


荼毘にふされた灰はすべてこの川へ流されます。白い建物が寺院の本殿です。ここはヒンズー教徒の人しか入れません。


これは命日の儀式の様子。頭をそっている方はおそらくおうちの長男さんだと思われます。ヒンズー教ではなくなった人を送り出すのは長男さんの務め。なのでおうちに1人は息子さんを望む人が多いです。

白い服をきている人は、外の人に触るまたは触れることを禁止しています。
外の世界とのつながりをさけて、体をきれいにして命日の儀式を行っていました。



対岸に渡り、体を清めて、シヴァリンガムに牛乳やココナッツ、さまざまなものを祭司の指示に従ってかけていきます。儀式にはすべて決まりがあって、祭司の指示で行っていきます。

このパシュパティナート寺院にはたくさんのお猿さんがいて、儀式の際に備えられるこうした果物を狙っています。
対岸に渡って儀式をするので、(お供えものは向かい側にある) 2人の人がみはっていましたが、お猿さんの速さには勝てません。結局ほとんどお供えもの、とられちゃって・・・。

儀式を行ているとまたご遺体が運ばれてきました。これもまた司教の教えのもと、細かく決まった儀式を行います。
初めは大泣きしていた遺族の方たちも、少しずつ儀式を行うことで心が整理されていくのか、少しずつ落ち着いていきます。


国にどのような貢献をしたかやカーストなどにより、焼く場所は決まっているそうです。ここが荼毘にふす、台でここで焼かれて下の川に流され、自然にもどっていくのです。
・・・ん?! 何かいますね。



こんなところにも、犬が・・・温かい場所でのんきに寝ています。
誰も追い返す人もいなくて、あとしばらくは寝るでしょうね・・・

みんな対岸から儀式の様子をじーっと見ています。観光客もはいれる、歴史的な場所でもありますが、ネパールの人も多いです。ただこうしてじっと見ることで、人の生と死について見つめる場所でもあるのです。

私の隣で見ていたおばさんが、「私たちみーんな、いつかこうして死ぬときがくるんだろうね」と静かな目で言っていました。
荼毘にふしたあとは、13日間の儀式に入ります。
この間男性は白い綿の服を着ます。
決まった時間に起きて、儀式を行います。
人工的なもの、外からのものは避けて、塩も食べません。

1日1回の食事、朝は体をきれいに洗い、自分の着た服もまた自分で洗い、儀式を行うという13日間が始まります。

こうして家族を失った悲しさや整理しきれない心も、13日間の儀式の中、体を心をきれいにしながら受け止めていくのですね。

日本では生と死について意識することは生活の中にあまりなくて、わたしたちの命に限りがあることは年老いてから意識することではあっても若いうちにはあまり考えることがありません。

こうして生活の一部として儀式を見ることで、ネパールの人たちはより身近に生と死を見つめているのです。




2015-01-19

シヴァ神を祀る

シヴァ神を祀るお寺には必ず置いてある、シヴァリンガム。

シヴァリンガムがあればそこはシヴァ神を祀るお寺ということになります。

これはパシュパティナート寺院にずーっとつらなるシヴァリンガム。

シヴァリンガムは女性と男性が1つになることから生まれるすべての命の根源を現しているといわれています。つまり生を現しています。

シヴァは破壊の神様ですが、生があれば必ず死があることを示すものです。

パシュパティナート寺院はヒンズー教の人たちの焼き場でもあります。

人の生と死を見つめる、パシュパティナート。

シヴァリンガムはその生と死を現しています。


2015-01-18

交通渋滞

先日のマゲサクランティの前の日。

マゲサクランティが近づくとあちこちでさまざまな種類のお芋が売られています。

打合せを終えて、道路にでたら、道が交通渋滞になってました。

バイクが早く進めよ!とプップーと音を鳴らして、辺りはなんだかにぎやか・・・。



なんと!野菜屋さんの芋が落ちてる~ で、周りのみんなでお芋を拾ってます。


後ろには車とバイクの列がどんどん連なっていくけど、事情を見たらみんな理解して待ってます

これで車が通れます。残ってる芋はあきらめたみたい。

みんな笑顔でお芋を拾って、交通渋滞はなくなりました。

マゲサクランティ前の1幕。

2015-01-17

さて、これは何でしょう


これは日本にもある野菜の種です。

ネパールでは種をすてずに、アチャール(ごはんのお供、ふりかけや漬物のようなもの)を作ります。


これはかぼちゃの種です。

これを乾かして、ふりかけ状態に作ります。

この石の板と石でつぶして細かくします。こうしてつぶすとおいしいのです。フードプロセッサーでつぶしたものよりもおいしい。


2015-01-16

先日バンダでした

先日はバンダでした。

バンダというのは、ストライキのことで、お店や道がすべて閉まるという意味でみんなバンダと呼んでます。バンダの日は、朝6時~夕方6時ごろまでバイクや車は道を通ってはならず、バスなども通らないので、みんな結局歩いて目的地まで行くということになります。

ネパールの人たちはバンダ、慣れているので会社に通勤する場合は1時間~2時間程度の徒歩圏内であれば、歩いていきます。

その日はどうしても行くところがあり、私たちも歩いていきました。

結構人が歩いてます。みんな自分の足で歩いていくんだな~
てくてく歩いていると、放牧している広場があったり・・・空港の近くでもまだ放牧してる人がいるんですね。みーんな外にでて、日向ぼっこしてます。

目的地に着くのに1時間半くらいかかりました。

久しぶりに歩いたので、足がなまってました・・・。他の人に聞いたら片道3時間かけてきた人も。なのにみんななんてことないって感じで笑顔なのです。


目的地で2時間ほど過ごして、帰りももちろん歩いて帰ります。


帰りに目があった野良犬が私たちの後ろをついてきました。

ほんの一瞬目があっただけなのに、なぜか私たちについてきてくれました。

あげる食べ物も何もないのだけれど、ときどき犬には冒険心が芽生えるのでしょうか。

自分の縄張りを超えて、てくてくと歩いていきます。

結局私たちの街の近くまで、他の犬にかなり吠えられて、追い返されてましたが、そこまで着いてきてくれました。

おかげで帰り道はなんだか早く歩けました。


私たちが家路につくころ、バンダが解除されて車が動き始めてました。

歩くと見える景色は全然違いますね。

毎日あると大変なのですが、バンダにも感謝かな。


2015-01-15

今日はマゲサクランティ

ネパールのカレンダーでは今日から新しい月が始まります。

そして今日はマゲサクランティ。

マゲサクランティには体を温める根菜を食べて、体を浄化し、温かい春を迎える日と言われています。つまりマゲサクランティが終わると、温かい日が始まります。

今日は朝から体を洗って、きれいにしてから、お母さんが準備したマゲサクランティのセットを食べます。

私も久しぶりにお風呂に入りました。

ネパールでは電気が24時間あるわけではないので、お湯もいつもあるということではありません。

えいや!っと水でシャワーを浴びてきれいになってから、マゲサクランティのセットをいただきました。

昨日からマゲサクランティに向けて準備されたおいもの数々。サトイモ、サツマイモ、山芋などなどを蒸していただきます。手前の中央はごまをはちみつでかためた、ラッドゥです。これがおいしいのなんのって・・・。その隣には生姜。

ご飯を食べる前にこのセットをいただいて、そしてキチェリ(豆のおかゆ)を食べます。

こうして体をきれいにして、春の訪れを迎えます。

ハッピーマゲサクランティ!

女性専用シート

ネパールのバスは大体ぎゅうぎゅうです。
満員バスに揺られながら、運がよければ席があいたときに座るあいた席がなければそのまま立ったままということを繰り返していた、ここ数年。

最近バスにのると、男性は座れない、女性専用のシートがあることがわかりました。

というのも、私が座ってもOKだけど、ひとたびそこに男性が空いてるから座ろうとするものならば、

「おい、そこは女性のための席だぞ」といろんなところから声が聞こえてきます。

最近はトラフィックポリスが厳しいらしく、バスのドライバーだけでなく、乗客の人たちまでもがお互い注意しあうのです。

トラフィックポリスにつかまると罰金を払い、さらに1時間くらいバスを停めてレクチャーが始まるとのことで、この女性専用シートのシステムは私がいない間にしっかりと浸透していました。

何がいいって、乗客の人たちがお互い注意しあっているところ。

「すぐそこまでだし、空いてるからいいでしょ!」と言って座ろうとする人もいますが、みんながトラフィックポリスに見つかったら面倒くさいことになるんだよと説得して、結局しぶしぶ男性は立ってます。

ということで、最近私の席に座れる確率はかなりアップしました。
女性専用シートは1個のバスにつき、6席あり、1-2席は老人、1-2席は障害者の方たちのため。
若い男性はシートが少なくなっちゃったのですが、譲ってくれる精神が身についていて、私がずーっと立っていると、女性専用シートでなくても、最近は席を譲ってくれる男性が増えました。

前から3列目までは女性専用シート。上に「女性専用」と書いてます。前から書いてたらしいのですが、最近は守るルールができてきたのですね~




2015-01-13

朝のネパール

朝起きたら寒い中、みんながグラウンドでサッカーやクリケットやバトミントンをしてました。
元気だな~。

毎日みんな6時ごろからこうしてグラウンドで遊んでます。

みんなの遊ぶ声で起きるのも乙なもの。

こうして遊んだグラウンド、みんなが朝ごはん食べるため家に帰るころには今度は野良犬の遊び場になるのです。



2015-01-11

ネパールは建設ラッシュです

カトマンズの道路はただいま建設ラッシュ。

道路を大きくする工事を至るところで行っています。


昨年道路工事をしていた場所はきれいに整備されてます。

驚いたのがこれ!


電信柱の上についているのが、ソーラーパネル。街灯用のエネルギーとして使われます。


すごいのが、この大きな道路にあるすべての街灯にソーラーパネルがついていること。バスの中からとったので、運転手さんの横顔がうつってますが・・・

とっても環境フレンドリー。


2015-01-09

無事に着きました

ネパールに無事に到着しました。

こちらは日本の日中と比べるとかなり温かいです。
朝晩は相変わらず冷えますが・・・。


インターネットの接続状況を見ながら、またブログアップしていきたいと思います。


2015-01-06

美人さん紹介

ネパール行きの準備進めてると見つけた、お庭にやってくる美人さんの写真。

大掃除してると昔のアルバムに夢中になるのと同じですね・・・。
でもとーってもきれいに撮れていたので、みなさんとシェアしたいと思い、アップします!

ヒマラヤンユキの庭を思い出してくださいね~







ではでは行ってまいります!

2015-01-03

ネパール出張と不在期間中の商品お取り扱いについて

ネパール出張と不在期間中の商品取り扱い店についてのお知らせです。

下記の期間、ネパール出張となります。

2015/1/7(水)-3/12(木)

この期間で、ネパールにて仕入れと勉強、そして皆様から集めた募金をもとに、「ネパールx日本 自然と平和の会」の教員支援プログラムを行います。
不在期間はご迷惑をおかけしますが、もどってから皆様にさらに役に立つ知恵を提供できるよう、努力してきますので、ご了承いただけると幸いです。


不在期間中 HimalayanYukiの商品をご購入いただけるお店を紹介します。
● 福屋広島駅前店 6階 クロワッサンの店 (取り扱い商品: 紅茶、チャイの茶葉、オーガニックスパイス、便利スパイスなど)
広島市南区松原町9-1 Tel 082-568-3606


● こうしい屋 蛇舞珈亭 (取り扱い商品: オーガニック紅茶、生姜パウダー)
広島県広島市西区古江新町1-30 Tel 082-274-7277

HimalayanYukiの紅茶がメニューで飲めるお店

● Chai Shop ピンカートンズスーク
広島県広島市中区八丁堀8-1 Tel 082-227-1970
ネパールのオーガニック紅茶が楽しめます。

● littleones
広島県広島市西区三篠町2-12-32 Tel 050-1294-6483
ネパールのオーガニック紅茶が楽しめます。


不在期間中もHimalayanYukiの商品をよろしくお願いいたします!
おいしい紅茶やスパイスが恋しくなったらぜひ上記お店に足をお運びください!

また、ネパールでもブログを更新していきます。
ぜひみてください!

2015年もよろしくお願いいたします

2015年が始まりました!

今年もネパールの自然の恵みから得た知恵をみなさんに提供できる一年にしたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。


HimalayanYuki 2015.1.3