HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
2018年7-8月のスケジュール公開しました。「教室スケジュール」からご覧ください。




ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会




ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2018-03-24

無事に戻りました

広島に無事に戻りました。

不在のさいはご迷惑をおかけしましたが、4月から元気に再開いたします。


広島はもう桜の開花が始まっていて驚きました。

昨年より1週間早いんですね・・・。


明日 3/25(日)より、予約の電話対応可能です。

ちなみに月曜日は定休日ですので、ご了承ください。




2018-03-22

美しきネパール

ネパールでブログを更新するのはこれでラストになります。

新しい学びと経験にあふれてあっという間に時間が過ぎていきました。

4月からはまた新たなプログラムを組み込んでみなさんに提供していきたいと思います。

3月25日からは電話での応対も可能です。
ご予約の方はしばしお待ちくださいませ。



4月にまた教室でみなさんにお会いするのを楽しみに元気に戻ります。








2018-03-20

アロエin炊飯器から思いをはせる・・・

ネパールの村はリサイクルの名人です。


そもそも村の生活って循環型なのでほとんど無駄なものってないんですよね。
食べ残したものは牛が食べてくれるし、プラスチックの袋やボトルなども村の人たちはまた再利用です。最近やってきたプラスチックのものと金属のものが自然に還らないので村の人たちのアイデアでこうして再利用してます。

なかなかイカシテルでしょ アロエin炊飯器


近年のネパールのカトマンズも発展により自然に還らないごみがどんどん増えてきています。発展の速度とともにその影で自然破壊もまた進んでいるということですね。

ネパールでも温暖化の影響のニュースをよく聞きます。

今年も雨が例年になく少なかったことで、カトマンズは工事ででてきたほこりが舞い上がり、かなり空気が汚れています。

雨の量は年々少なくなっているとか、水力発電に必要な水の量がすくなくなってきているとか。

反対に循環型の生活をしている村は水も空気も驚くほどきれい。
自然に即した生活を送ることが、私たち人間の体にも地球にも良いことがわかります。




先日理論物理学者のスティーブンホーキング氏が亡くなりましたが、彼をはじめとした研究者たちがこの地球全体の発展のスピードにより人間が生き残る道があと50-100年程度ではないかと警鐘を鳴らしています。




世界はつながっているので、この年々の変化は私たちにも深く関係しているところです。
日本にいても異常気象などで温暖化の影響を肌で感じることがありますが、ネパールにいるとまたネパールにも温暖化の影響がでているんだなと改めてこれは世界規模で取り組まないといけないところまで来ているんでしょうね。


村の循環型の生活を見て、ほこりだらけのカトマンズで発展を見ると このアロエin炊飯器からいろんな思いがわきあがるのでした・・・。


2018-03-16

ネパールの子供たち

教育プログラムも無事に終わりました。
教育プログラムの詳細については、またご報告します。

教育プログラムでは村々の学校を訪れる機会があるのですが、子供たちの教室を少しのぞかせてもらいました。

「ナマステ~」とあいさつしてくれる子供たち。英語の授業でした。小さな子供たちは机なしで座ってメモとります。

きれいに並べられた靴がかわいい・・・
ネパールの村の子供たちは目が合うとナマステ~とあいさつしてくれます。

目がとってもきれいできらきらしてるんですよ。


2018-03-15

メールについて

村への移動などがあり、メールが届いてる方と届いてない方がいるみたいです。

そちらから送ったのに返信が二日以上ない方はお手数ですが、メールをもう一度送ってください。

必ず二日以内にはメールを返信してます。

ご迷惑おかけしますが、心当たりのある方はよろしくお願いします。

ご当地名物サービス

ネパールの食堂にあるフリーサービス。

青唐辛子。

ダールバットと一緒にどうぞ。

2018-03-13

ただ今

教育支援で村々をまわっております。

詳細は改めて報告します。

教育支援のときは こうやって時々歩き、車、織り交ぜながらがんばっております。

あるきのときはお供がついてくることも。

昨日の頼もしいお供です。

2018-03-10

2018年4月のスケジュール更新しました

2018年4月スケジュールを更新しました!

ウェブサイトからご確認ください。

4月全体のスケジュールを確認したい方は、スケジュールカレンダーからご覧ください。
http://www.himalayanyuki.com



まだネパールにおりますので、お申込みはEメールで受け付けています。
3/25以降は電話での申し込みも受け付けています。



たくさんのお申し込みをお待ちしております。

2018-03-09

ネパール品種の牛さん

写真の牛は、品種改良する前のネパールオリジナルの品種の牛さん。

人間が立ってるので、大きさがわかりやすいかなと思うのですが、写真の牛はこの大きさで成牛です。


これ以上大きくなることはありません。


今では品種改良した牛におされて絶滅危惧種に近いくらい数が減っています。

こうみると日本の牛はすごく大きく見えますね。

2018-03-07

お仕事する動物たち パート2

ネパールの南の平らな地方では、水牛車や牛車が結構活躍しています。



重たい荷物を遠くに運ぶのにはこれが一番!

行きは飼い主さんの誘導にしたがって荷物を運び、帰りはなんと牛たちは帰る道を覚えているのだそうです。


飼い主さんが荷物を下ろした後、後ろの荷台でのんびり寝ていたら水牛や牛さんたちは自分たちでちゃんとおうちに戻ってくれるのだそう。

村でも草を食べに森に入り、夕方自分たちで牛舎に戻ってくる牛たちを見ることがよくあります。


動物たちの能力には本当に驚かされます。


2018-03-06

お仕事をする動物たち

ネパールではお仕事をする動物たちがいます。

たとえば、車が通れない道に荷物を運ぶ馬。

急斜面の登り道やら下り坂など、人間の力では運べないものを運んでくれます。

ちなみにひと仕事終えて家に戻る馬さん。

なぜか切りそろえられた前髪がかわいい。

2018-03-04

Buddha was born in Nepal

Budda was born in Nepal = 仏陀の生誕地はネパールである という事実を知らない人は多い。

ネパールで生まれ、悟りを開く修行にインドに旅立つまでの間、仏陀はネパールにある宮殿で住んでいたということも知らない人が多いのです。




ほとんどの人がインドで生まれインドで悟りを開いたと思っているのです。

常々ネパールの人たちは「私たちネパール人が声を大にしてこの事実を言わないと、いけないよね!」と言っています。


ということで、昨日そんなネパール人の気持ちを表すためのイベントがありました。

首相、政治家、アーティスト、そして一般市民が数千人集い、一同に仏陀のチャンティングを唱えるという、ギネス認定のための集いがありました。(ギネス認定はまだ済んでいません)

この機会に世界に事実を伝えたい、伝わったらいいなということでしょうね。

声をあげることって大切です。

ちなみに、お釈迦様が生まれたのはネパールのルンビニです。


写真:ekantipurより

写真:ekantipurより







2018-03-03

強い足はこうして作られる

私達が滑りそうになりながら降りてきた急な斜面をこれから登って行く少年。

おうちからたのまれた荷物をかついで。

小さな頃からこうして毎日のように重たいものを持ち、山を歩く。

こうして強い足が作られるんですね。

2018-03-02

色のお祭り ホリー

昨日は色のお祭り、ホリーでした。
ホリーが来るともう本格的に春=暖かい季節に移行が完了するといわれています。

最近は本当に暖かくなりまして、日中は20度超えるようになってきました。


この日は色・色・色・・・・。

街中色にあふれています。




色の限界がまったくないネパール。
この日は知らない人の顔に色をつけたりしてもOKな日なので色の粉が飛び交い、みんな大きな声をだして、遠慮なんかもぜーんぶ解放できる日でもあります。


祭りは10時ごろから徐々にはじまり、12時ー13時ごろピークを迎え、15時ごろはみんなおうちに戻ってシャワーを浴びてすっきりして新しい季節を迎えるのです。

15時以降はシーンとしてます。
祭りの後・・・という感じです。

Happy Holi!





2018-03-01

鳥の楽園 ネパール

ネパールは鳥の楽園と言われています。

ネパールに見つかっている鳥は880種類。
そのうち、220種類が渡り鳥です。
さらに220種類のうち、168種類が絶滅危惧種と言われています。

近年のカトマンズの急速な発展によって鳥の生息する場所が減ってきています。
鳥たちが巣を作る木々が減少したこと、携帯の電波タワーでルートが乱れたりすることなど、鳥たちに住み心地のよくない環境が多くなってきたことがその要因と言われています。


ネパールでみられる鳥の種類が急激に減少しているという記事を読みました。

鳥の生態系の乱れは、私たちの予想をはるかに超えるスピードで地球全体のバランスが乱れていることを表しています。

これは地球規模で考えないといけないことですね。

ネパールに来られた方は、ぜひときどき空を見上げてほしいです。

とっても素敵な鳥に出会える国なんですよ。

ぴょんと生えたたてがみ。目の後ろに赤いマークのあるRed Whiskered BulBul。こんなとってもユニークな鳥にも出会えるんです。まさに鳥の楽園、ネパール。