HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
11月のスケジュール公開しました。
ウェブサイトの「教室スケジュール」からご覧ください。








ネパール地震 支援金を募集しています。詳しくはこちらから。より多くの方の協力をお願いいたします。
募金箱設置場所はこちらから

ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会






Happyヘナのウェブサイトはこちらから
Happyヘナのブログはこちらから


ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2013-08-09

快適な夏

「今年は昨年より過ごしやすいですね~」と何の気なしに言うと、みなさんに
「何言ってるんですか!?今年の方が暑いですよ!」と返されます。

無理をしているわけではなく、もちろん汗かいて、暑いですけど、なんだか今年の方が過ごしやすい。昨年は汗をたくさんかいて、肌がぼろぼろ。特に背中や腰あたりの肌が大変だったと覚えています。

それが今年はお肌もさらさらで何も問題なく今まで過ごせています。


アーユルヴェーダのボディスクラブや夏を快適に過ごす知恵も取り入れて生活していることがまず1つ。
今年の大きな違いは、アローのベストを肌着として使い始めたということが大きいと思います。

以前ブログでも紹介しましたが、アローのベスト。
ヒマラヤンジャイアントネトル、通称ヒマラヤンイラクサです。

イラクサと聞くと肌に痛いのでは!?という童話からのイメージがありますが、ヒマラヤンイラクサは肌にはとっても優しく、繊維に穴が開いているので、温かく、かつ暑くない、そして汗をたっぷりと吸収してくれます。

汗を吸収すると綿だとなかなか乾かず、冷えてしまいますが、アローは乾くのがとっても早いんです。だから肌着として着用すると肌が常にさらさらの状態を保ってくれています。

今年の夏が過ごしやすいと感じたのは、このアローのベストの力が大変大きいと思います。

肌への刺激に悩まされることがないので、過ごしやすいということにつながったのだと。

アローは作るのに時間がかかり、ネパールの農民の女性たちがあいた時間に仕事として丁寧に作っています。

もともと、ネパールのアローを作っている方たちから

「これは肌着として使うのが理想的ですね。肌に何の負担もかけませんから」

と言われていましたが、きれいに編んでいる網目をみていたら、やっぱりおしゃれ着がいいかもとみなさんへも肌着としての使用は進めてきていませんでした。

自分たちで使ってみて、その心地よさと肌への負担が少なくなったことの驚きもあり、今年は肌着としてみなさんにおススメしています。

というか、アローを肌着として使い初めると心地よさでもう手離せません!

アローは冷房の冷えも防いでくれますので、汗をたっぷりかいたあとも乾燥がはやく、さっと乾いてくれます。

興味ある方は残り少ないですが、教室に展示しています。

ぜひ手にとってみてみてください。

アローの詳細はこちらから


2 件のコメント:

ちぇりーむーん さんのコメント...

アローが肌着にいいなんて!いつか買いたいです。

HimalayanYuki さんのコメント...

ちぇりーむーんさん

こんにちは。
アローはとっても肌によい自然素材です。
これを身に着けると他のものが身につけれなくなるくらい、心地よいですよ~