HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
2018年1月のスケジュール公開しました。
ウェブサイトの「教室スケジュール」からご覧ください。








ネパール地震 支援金を募集しています。詳しくはこちらから。より多くの方の協力をお願いいたします。
募金箱設置場所はこちらから

ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会






Happyヘナのウェブサイトはこちらから
Happyヘナのブログはこちらから


ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2010-03-27

アートまつりに参加します!

昨年に引き続き、向原でのアートまつりに参加します。


今回で第2回目ですが、主催者の方たちの広い人脈もあって去年の初回は大盛況でした。
会場となる河原公園も水の音が聞こえて風がふきぬけ、本当に心地よい場所でした。

今年は山の桜が見えるかもしれません。
食事もあり、買い物もあり、そしてステージの歌ありと盛りだくさんで去年より盛り上がりそうです。
おでかけにちょうど良い季節となりましたので、お車をお持ちの方、ぜひお越しください。

ネパールから持って帰ったばかりの新作雑貨や服などもお目見えしますよ!

アートまつり
4/11(日) 10:00-16:00
場所 向原農村交流館やすらぎ & 河原公園
ブログ →出展者の方たちの紹介が見れます!
みなさんのお越しをお待ちしております!
広島ブログ

2010-03-26

中国新聞文化センターでのネパール講座のお知らせ

中国新聞文化センター、メルパルク教室にて3回にコースでネパールを紹介する機会をいただきました。
題して「ネパール人に聞くネパールの魅力」。




4月9日(金)が第1回で5月、6月と月に1回のコースです。

今回ネパールでこの講習のためにいろんな情報を収集してきました。今からネパールに行く人、ネパールに興味がある人、ネパールについてまったく知らない人でも楽しめる内容になっています。ネパール人しか知らない情報満載です!

参加してくださった方にはネパールの素敵なプレゼントもありますよ。

ネパールは実は来年2011年は観光の年にしようと今観光に力をいれています。
ヒマラヤも美しいですが、山登りだけではないネパールの魅力をしっかり伝えていきます。
ぜひご参加ください。

お申し込み+詳細情報はこちらから

広島ブログ

2010-03-25

緑井天満屋の試飲会のお知らせ

緑井天満屋さんでの試飲会のお知らせです。

年明け1月にもさせていただいて、緑井方面の多くの方にネパール紅茶を味わっていただきました。
今回も同じ場所で試飲会をさせていただきます。

日時: 4/2(金)-4/4(日) 10:00-20:00
場所: 緑井天満屋 食品売り場1階

またみなさんにお会いできるのを楽しみにしております。
ぜひ足をお運びください。

広島ブログ

2010-03-24

無事 帰国しました

昨日無事に帰国しました。

ネパールの情報はまた改めて少しずつみなさんに紹介していきたいと思います。

教室のお休みをたくさんいただきましたが、ネパール滞在中に学んだたくさんのことをみなさんにいろんな形で提供できたらと考えています。今後ともよろしくお願いします!

教室のスケジュールは明日(3/25)更新予定です。

2010-03-20

雹がふった!

ネパールは今暑い。日中はTシャツ一枚で歩いても汗がでるくらい。
標高が高いからか日差しも強いし、毎日バンバン日焼けしてます。

しかし今から3週間前はぜんぜん違う気候でした。ちょうど色のお祭りホーリーが終わったとある日のこと。
買い物をして大きな荷物を持って帰ろうとしたとき、雨がぽつぽつと降り始めました。

荷物が多かったので、バスに飛び乗ると途中までしか行かないバスでした。
雨がどんどん降り始め、傘を持っていなかった私たちは雨が早くやむ事を祈りっていました。

するとバスの屋根にボツボツと大きな音がして、な、なんと雹が降ってきました。
ボツボツボツボツとものすごい音で外を見ると、みんな雹にうたれまいとものすごい勢いで屋根のある場所へ走っています。ずっと車で帰れるならそんな光景も面白く見れたかもしれませんが、乗り換えがあるので自分もこうなるのかなと思うとぞっとしました。

乗り換えの停留所が近づき、私たちも意を決してバスを降りようとすると雹はさらにものすごい勢いに。私たちの前におりた人が雹にうたれる姿を見て(本当にいたそう!)すっかり意欲を失ってしまいました。

しかたないので、次の乗り換えの停留所まで乗って様子を見ることに。
次の乗り換えバスストップに着くと、雹の勢いはおさまっていて雨に変わっていました。この間たった30分の出来事です。

家までの道にこんなに雹が積もって(?)いました。


家に帰ると、雹が屋根の隙間から入ってきたらしく、大騒ぎでした。
屋根の隙間から落ちた雹にあたっただけでとても痛かったらしい。

プチトマトと同じくらいの大きさですもの!そりゃあ痛いです。
ネパールではたまに雹にでくわします。山の天気は変わりやすく、厳しいなとこんなとき再認識します。

2010-03-19

ネパールの現代化


今年ネパールに来たら、なんとケンタッキーフライドチキンやピザハットができていた。
KFCをちょっとのぞいてみたら、日本と変わらない値段で売っているのにものすごい混んでいた。
オープンした日は行列ができたそうです。

ネパールにKFCなんて!と最初は驚き、少しさみしくもあったのですが・・・。来年来たらまた新しいものができているのでしょう。もともとある食文化も大切にしながら発展してほしいなと心から思うのでした。

2010-03-16

甘い、だけじゃない


ネパールの人は固いものが大好き。
たとえばこのドライチーズ。初めて食べたときは固いし、味がないしで全然おいしさがわかりませんでした。
3時間口の中にいれていても形がぜんぜん変わらず、なんでこんなものを食べるんだろうと疑問に思ったことがあります。

でもこのドライチーズ。ネパールの人は大好き。
ドライブ中にビスケットをあげても食べないのに、このドライチーズならみんな喜んで食べます。
しかもみんな30分くらいで全部食べてしまいます。私が1個終わらせる間にみんな2-3個食べてます。私も忍耐強く食べるようになってこのよさがわかってきました。

よーく噛むので唾液がでて消化にとてもよいそうです。
日本だとおやつというと甘いものを想像しますが、ネパールでは甘いだけだとみんな満足しません。
苦い、辛い、すっぱい、渋いものもバランスよく食べています。

これもアーユルヴェーダの考え方ですね。5つのバランスがそろって理想的な食事になります。

固いものを食べるからネパールの人は歯が強いです!
虫歯がぜんぜんないし、あごは強いし。

ネパールの人に比べたら私のあごなんて貧弱です(笑)。考えてみると日本の食生活って甘い要素が多い。バランスが大事ですね。

パシュパティナート



ネパールを訪れる人にはぜひ行ってもらいたい場所、パシュパティナート。
パシュパティナートは、ヒンズー教のシヴァ神を祀るお寺で非常に神聖な場所です。


ヒンズー教にはすべてのものが生まれ、維持され破壊されるという考えがあります。宇宙すべてがこの考えで成り立っています。

シヴァ神は「成長と破壊」の神様。ネパールではこのシヴァ神を祀るお寺に必ず焼き場があります。そしてお寺の側には必ず川が流れています。

この川の側に焼き場があって、亡くなった方が運ばれます。ヒンズー教の儀式に従い、荼毘に付されます。
亡くなった方の思い出の品や大切にしていたものすべて一緒に焼くそうです。
残すのはその人の思い出だけ。



焼いた後灰はすべて川に流されます。川に流れて人も自然に還り自然の一部となります。

初めてパシュパティナートを訪れたとき、この考えを聞いて衝撃を受けました。
焼き場はもちろん、大切だった人を思って泣く姿や、キャンドルを灯す姿、人々のありのままの姿に心をうたれます。
パシュパティナートに来るといつも心がとても静かになります。生と死という真理を見るからでしょうか。

遺体が荼毘に付されると、血縁関係のある男性(息子さんなど)は頭をそり、家族はパシュパティナート内で13日間喪に服す儀式を行うそうです。この間、木綿の服と草履が提供され、塩をとることは禁止されているそうです。

パシュパティナートはとても古い歴史がある、特別な場所です。
ネパールに来ることがあったらぜひパシュパティナートを訪れてみてください。

2010-03-14

ネパールの食生活

ネパールではお肉や魚をあまり食べません。お肉を食べると言えばお客さんが来るときやパーティに呼ばれたときだけ食べます。月に2-3回くらいでしょうか。

田舎に住んでる人は年に2-3回くらいしか食べないそうです。

毎日ダールというお豆のスープをたっぷり食べるので、たんぱく質はとれています。お肉やお魚がないからといって満足感がないということもありません。ネパールに来るといつもお肉やお魚って毎日食べなくてもぜんぜん大丈夫だなと感じます。


今日はお客様が来たので朝からはりきってお母さんたちが鶏肉を調理していました。
ネパールの鶏肉はパックのお肉でなく、おとしたての鶏肉を購入します。

せっかく気合をいれて作ったお肉でしたが、なんとお客さんはベジタリアンになっていました。
ベジタリアンもネパールだとぜんぜん珍しくありません。
私を含めた、お肉を食べる人たちでおいしくいただきました。

2010-03-13

アーユルヴェーダ的な暮らし

ネパールでは体調不良のとき必ず食べたものに原因を探します。
そして食べ合わせにもとても敏感です。
魚を食べた後は牛乳を飲まないとか、夜にヨーグルトを食べないとか、せきがでる時に食べないものなど日本の想像をはるかに超える知識がたくさんあります。


風邪をひいたときの対応でよくわかるのですが、ネパールでは冷える食べ物は冬に食べることを控えます。
日本だと熱がでたらアイスクリームやヨーグルトなどひんやりしたものを食べたくなるのですが、ネパールではそれは絶対に許されません。

必ず白湯を飲み、体を冷やす食べ物を徹底的に控えます。

とあるとき、風邪をひいた私が差し入れにとバナナとオレンジを打ち合わせに持っていったら「なんで風邪をひいてるのに、体を冷やすものを食べるの!?」と言われました。

ネパールではアーユルヴェーダの教えから食べ物は体を作る良いものをもたらしてくれるだけでなく毒にもなるという考えがあります。つまり医食同源ですね。

その知識はどこから来るかというと各家庭のお母さんです。お母さんがそれぞれの体調に合わせていろんなことを言ってくれます。
それでネパールでは大体どの人も食べるもの、食べ合わせに非常に注意深くなります。
アーユルヴェーダの考えが生活の一部になっている証拠ですね。

視察から戻りました


紅茶茶園、農民支援活動の視察から無事戻りました。
みなさんに人気のイラム紅茶の茶園まで行ってきましたよ。

茶園はこの時期新芽がでてきて、シーズンの始まりを感じました。生産者の方の顔を見て、話を聞いてこれからまたさらに自信を持ってみなさんに紅茶をお勧めできます。

茶園や農民の方の話などは機会を見て少しずつお話していきたいと思います。

2010-03-08

ネパール農民支援活動のお知らせ

以下の期間、ネパールの農民支援活動と視察のため、カトマンズを離れます。

3/8(月)~3/13(土)

上記期間中は通信環境がないため、メールやブログ更新はできません。
戻ってきてからネパールの茶園と農民についてみなさんにお知らせしたいと思います。
上記期間 メールをいただいた方には大変申し訳ないのですが、返信は13日以降となります。ご理解とご協力をお願いいたします。

2010-03-05

ネパールのバナナ


はっきり言ってネパールのバナナは本当においしい。
日本のよりサイズは小さめ。おいしくてサイズが小さいのでどんどん食べてしまいます。

道端でバナナをこうやって売ってます。


日本だとバナナができる気候ではないのですが、ネパールはいわゆる地バナナが採れるので新鮮なまま食べることができます!

2010-03-02

色のお祭り ホーリー

日曜日は楽しみにしていたホーリーでした。ホーリーは春を告げるお祭りで、色のお祭りとも言われています。
ホーリーでは誰にでも色水風船を投げたり、色の粉をつけたりします!!聞くだけで楽しそうなお祭りですよね。
ホーリーではまったく知らない人にも色粉をつけたり水風船を投げたりします。2軒離れたお隣さんからも私たちに向かって水風船が飛んできました!

男の子は女の子に、女の子は男の子に水風船を投げるそうです。

段々ヒートアップしてきてます。女の子の手には4つも水風船が!
こうやって投げ合って楽しみます。
おうちのベランダやいろんなところから水風船や水が飛んでくるので、みんなびっしょりぬれてます。


気がつけばとあるおうちに人がいっぱい集まっていました。子供たちだけでなく、大人も楽しむお祭りです。みんな知らない人だらけで、水をこうやってかけまくってます。これ、知らない人同士でしてるってすごいですよねえ。
なんかすごいストレス解消になりそうです。



子供たちもやってますよ。やっぱり小さな子は大きな子にやられちゃいます。
顔は赤い粉で真っ赤です。

で盛り上がった後、みんなこんな格好に。

ワンちゃんまでやられちゃいました。


こうやってみんなで盛り上がったら春の到来!

広島ブログ