HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
11月のスケジュール公開しました。
ウェブサイトの「教室スケジュール」からご覧ください。








ネパール地震 支援金を募集しています。詳しくはこちらから。より多くの方の協力をお願いいたします。
募金箱設置場所はこちらから

ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会






Happyヘナのウェブサイトはこちらから
Happyヘナのブログはこちらから


ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2016-01-30

今日はネパールのお魚を調理

今日は土曜日。

ネパールでは土曜日が学校や会社、政府機関がお休み。

いつもはみんな朝6時半ごろおきてご飯を作って9時ごろには出発となるのですが、土曜日はなんだかゆっくりモード。

お肉やお魚を食べるのも土曜日が多いです。

ゆっくりご飯を作ってゆっくり食べてそこから出かける人はおでかけします。

でも土曜日はネパールだとおうちでゆっくりご飯を作り、洗濯や、お風呂に入ったりする日です。

特に今日は久しぶりにお日様が顔をだして、みんな洗濯や布団干したりなどなど、おうちですることいっぱいです。

日本だと土日の人出が多いのですが、ネパールだと土曜日はみんなおうちにいるので、バスに乗ったりしてでかける人は結構少ないし驚きます。

今日は「フライした魚が食べたい!」と魚の調理なのに珍しくご指名をいただきました。

魚はネパールだと淡水魚ばかりなので日本の調理法とはまったく異なります。

しかし魚の国の人(=日本人)の作ったものなら何でも食べるというので、じゃあ何かおいしくできるのものをと思案。



骨の少ないタイプの魚を頼んだけど、売り切れだったらしく別のお魚が来ました。こちらは若干骨が多いタイプ。頭と骨のついた身の少ない部分はスープに。

しっかりフライして完成~。しかし淡水魚なのでフライが足りなかったかな・・青い唐辛子とパクチー、にんにくをたっぷりいれて。

若干フライが足りないかなという以外はまあまあおいしくできました。

ネパールの材料はネパールらしい工夫が必要なのだと改めて学んだ1日でした。


ネパールの人にも好評で、土曜日の朝の時間にみんなでゆっくりとお魚を堪能しましたよ。


2016-01-28

初物

昨日は市場で珍しいものを見つけました。

こちらです。

じゃじゃーん、さてこれは何でしょう?

これはどう見てもぶどうじゃないか!?と思った方、正解でーす。

正解なのですが、こちらはグリーンレーズンの原料となる種類のぶどうなんです。


このぶどうを乾燥させるとグリーンレーズンになります。

普通のぶどうよりも小粒で、甘さと酸味のバランスが絶妙で、本当においしいのです。
乾燥したものは食べたことがありますが、生で食べたのは初めて。

ちなみにグリーンレーズンのこと、ネパール語で「キスミス」と言います。 覚えやすくてかわいい響きです。


小粒なのがキスミス。おとなりの黒い大粒がぶどう、そして奥のはなつめです!




2016-01-26

ガスの行列

国境で燃料を止められていることによって、ガスが非常に不足しています。
ネパールでは陸路からの物資はすべてインドを経由してくるため、インドでの国境燃料閉鎖というのが、この状況を引き起こしています。



日本では都市ガスやLPガスも、栓をひねればでてくるし、ガスシリンダーの交換も業者さんがしてくれるのでガスがないってなんだかぴんとこないこともあるかもしれないです。

ネパールではLPガスで、空のシリンダーを自分で持っていって、満タンと交換というのが主流。

担いで帰るといっても合計30KGくらいの重さになり、かなり重い。


ガスが手に入ると聞くと、この行列。




順番を取ってずーっと待つらしいのですが、自分の前でガスがなくなったらまた持って帰らないといけないし(泣)、順番取っているので、順番抜かしされないよう誰かがじっとついておかないといけません。

今日もシリンダーを持って移動する人たちを何度も見ました。

この状態だからみんな疲れます。




日本だと当たり前にあるものたち。私たちの生活を当たり前に支えているものですがなくなるとこれ以上困るものもない。

改めて当たり前に使っているものに感謝したいですね。










2016-01-25

レストランのさまざまな対策

この燃料不足で、ガスが足りなくて一番苦しんでいるのがレストランやホテルなど。

こちらにきて、結構な数のレストランがガスがないことを理由に一時閉店に追い込まれています。

この国境での燃料供給ストップ問題は9月から起きています。一時は本当にガスもなく、2-3ヶ月閉店して最近再開したお店もあります。

モモはこの騒動でメニューから姿を消しているお店もあります。(かなしい・・・)


 お店となると量も半端ないので、今は結婚式や成人式、大人数で集まるパーティなどはあまり受けないそうです。
で、小さなお店の対応として、結構この薪で作るタイプのものもはやってます。

カトマンズだと最近薪を売るビジネスが台頭。

しかし薪だと煙がすごいし、すすはでるしでみんなこうやって外で作ってます。



この小さな簡易式薪のためのコンロ、結構売れてます。


2016-01-24

今日はソスタニプルニマ

今日からソスタニが始まりました。

ソスタニは伝説を毎日1章ずつ読んでいく儀式です。

家族全員で集まり、伝説を声を出して読んでいくのです。次の満月まで毎日続きます。

ソスタニについての詳細はこちらから

昨日はソスタニが始まる前の日として、きれいな体でいるために最低でも2日間はお肉をさけます。
儀式をする人たちは、 この期間はずっとお肉やお魚などは食べないそうです。

ネパールだとこうして儀式や新月から11日目に肉や魚を食べない日がかならずあって、自然にみんな体の浄化をします。

今日はまん丸お月様。


みなさんも日本の空に満月の月を見てるでしょうか・・・
それともこの寒気でぜんぜん空には見えてないかもしれないですね。









地震からの復興

大きな地震の後に、燃料不足があり、復興の足かせとなっています。

世界遺産の寺院につながっている古い町並みがある、アサンという町並みです。

ここの地域も建物は古いまま残されていて、バザールが開かれているとっても人の多い場所。

スパイス屋さんの上の建物は地震の影響で崩れています。

雨が降ると水がしみていくので、とりあえずビニールシートで補強して。

以前、地震の支援のために夏に訪れたときはすべてしまっていましたが、いまは崩れた建物のまま営業が再開されていました。




 夏に来たときから町並みはほとんど変わっていません。

復興を待っていても結局変わらないので、みんな生きるためにこうして営業再開したり崩れた場所でも住み続けたりしています。



ネパールの気ままな犬日記 更新中です!

ネパールの気ままな犬日記、随時更新中です!

ネパールに気ままに暮らす犬たちの姿を皆様にご紹介しています。

こちらからどうぞ。

燃料不足の影響はここにも・・・

1年前には始まっていた、道路建設。

4月の地震で建設を担当していた中国の人たちは帰国してしまい、その後9月以降はこの燃料不足のため、道路工事は中断したままになっています。

1年後にはできるはずだった道路。



こうやってむき出しになってる状態なので、砂埃はすごいしだんだん劣化していくしで、ネパールの発展にはかなりマイナスになっています。

どこに行ってもむき出しのままの道路。





今日はこうやって帰る人たちを見ました。

両手で自分の体を支えてバスに乗る人。
信号のたびに降りては「ふ~」っと休憩。

バスは相変わらずぎゅうぎゅうです。





2016-01-23

お日様の光

ネパールのカトマンズのおうちはコンクリートでできているので、中にいると暖房もないしで結構寒い。

日本の冬のように一日日がささないということはなく、朝は1度くらいで日中になると15度くらいまであがります。日中は日がさして、じんわりと体が温かくなります。

日本にいると、中に入ればあったかかったりするので、太陽の光を求めて外にでたりなんてことはないのですが、こちらにいると、知らない間に太陽の光を求めて外にでてます。

太陽の光の温かさには特別なものがあります。

じーっと日向ぼっこしてると体があったかくなってきて、脳みそが溶ける位、気持ちよいのです。

太陽の光には私たちが作り出せないビタミンDが含まれているため、食べ物から摂取したカルシウムを体に吸収するのに役立ちます。

それ以外にも太陽の光にはよいことがいっぱい!
体や心を元気にするものがいっぱいですよ。

日本だとついつい日焼けを気にしていまいますが、ネパールに来ると自然に太陽の光が恋しくなり、みんな外に。

この間みたら足だけ外に出して日向ぼっこしてる人を見ました。
でてるの足だけだけど、あったかそーです。


おそらくベッドに寝転んで、本でも読んでたのかな~

ちょうど寝転んで足を出したら、全身日向ぼっこできてたのかも。

お日様の光は天からの恵み。




2016-01-22

今日も寒いです、カトマンズ

日本も大寒波で雪が降ったらしいですが、ネパールも3日前から寒くなりました。
山の方ではこちらでも雪が降っているそう。山の人たちは寒くて外から出られないって言ってました。



国境での燃料閉鎖で、燃料のないネパール。


家の中にいても、外にいるのとほぼかわらない温度。風がない分、家の中のほうがもちろん、温かいのですが、家や建物の中もまあ寒いです。


暖房はもちろんないので(あっても電気なし、ガスなしでは何もできません)ダウンやらジャケットやらみんなきぶくれてます。私たちもネパールのあったかグッズ、総動員でがんばってます。

この寒さですからね、風邪をひいている人も多いです。




カトマンズ盆地は朝霧がかかってちょっと離れてる野良犬さえ見えない状態。

まっしろになります。


こんなときは焚き火が一番。

町を歩けばいたるところで焚き火をたいている人たちに出会います。

火の力ってすごいです。
焚き火って本当に温かいんですよ。

こうして焚き火にあたりながら、みんないろんなお話をしています。

これでまた一日の活力をもらいながら、この大変なときも笑顔でのりきるんだろうな、ネパールの人たち。


2016-01-21

ネパールのにんにく

ネパール産のにんにくはおいしい。

香りも高く、味もおいしい。




右は中国の品種、左の小さいのがネパールの品種です。
いつも私たちが食べているサイズが中国の品種くらいの大きさと同じくらいです。

中国の品種は肥料や農薬をまかないと作れないのですが、ネパールの品種は肥料をまかなくてもできるのだそうです。

ネパールの品種は本当に小さい。
1個ずつ皮をむくのに結構時間、かかります。

だけどやっぱりおいしいからネパールの品種を選ぶんですよね~。

朝起きたら紅茶を飲みながらにんにくの皮をむきむき。1日分をむきむき。 
 

2016-01-20

脚光あびる、電磁調理器

燃料不足でいままでネパールではあまり流通していなかったものが流通を始めています。

そう、それは電磁調理器。

電気さえあればガスを使わなくても作れるとあって、電磁調理器を取り入れる家庭も増えています。

しかしネパールは計画停電のある国です。
24時間電気がくるわけではないし、朝や晩調理する時間に電気が来ているかの保証はありません。ちょうど電気が来ていればこれで一気に作って、朝と晩に食べるという感じです。

電気が夜12時に来るとなれば起きて次の日の食事を一気に作り置きする家庭もあります。

燃料不足になってネパールの人たちに、「つくり置き」という選択がでてきました。

日本だと当たり前の作りおきですが、ネパールの人たちはできたてを食べるということに習慣があるので、この「作り置き」でみんな若干テンション下がっています。

他には薪を買ってきて、薪で調理する人たちもいます。

薪で作るのは大変なんだけども、実は薪が一番味はおいしいんだよね~、とネパールの人たち。

電気で温めた料理はすぐ冷めてしまうし、味も電気よりガスがおいしい!と最近のみなさん、電気で調理することの経験が増えていろんな発見があるみたい。

「前は薪で作ったチャイが一番おいしいって言ってたけど、今はガスか電気かでガスのほうがおいしかったという時代がやってきたんだ」とみなさん口をそろえて言います。


ちなみに私が個人的に気になったメニュー。

見えますか?ロティという調理メニューが組み込まれてました。

しかしこの電気で調理することに向いてないのがロティだそうです。

一度作ったけど、ぱりぱりに仕上がらず、仕上がりもなんだかねとっとしてるらしい。

ロティを作るときはガスが絶対においしいらしいです。



この燃料不足で毎日いろんな発見があります。



2016-01-18

燃料不足です、カトマンズ

インドの国境で燃料が止められていることから、ネパールにはガスやガソリンが通常よりもかなり少ない量が入ってきている状態。

で、影響がどこにでているのか少しずつ紹介しますね。


まずはガソリンというとバスです。

バスの便はぐんと減り、その減った便にみんなが乗るものだから、かなりぎゅうぎゅう。
バスの中はまっくろで人人人に埋め尽くされています。

私たちはオフィス時間とか学校が始まる前のピークの時間をさけて出発しますが、それでもバスはぎゅうぎゅう。今日もあまりにぎゅうぎゅうで乗ることができず、3-4本のバスを見送ってようやくちょっと隙間の開いてるバスに乗ることができました。

ピーク時のバスにはまだ乗ったことないです・・・たぶんつぶされる。


バス停にはバスを待つ人、人、人・・・・。みんな待ちくたびれてますよ

止まってるバス。人がもういっぱい乗っているので、これから上にだんだん人が増えてきます。これね、慣れてる人でも結構危ないんですよ。だけど男性からしたら、ぎゅうぎゅうの車内より、まだましだそうです。

警察が取り締まりを強化し始めたみたいですが、バスがないものだから、こうしてなんとかやらないとみんなおうちまで帰ったり仕事にでかけたりできないのです。

こちらはずらりと並ぶバスの列。これはこの先にあるガソリンスタンドに続いております。みんなガソリンが来たらつげるように、バスをずらーっと並んで順番取り。

 このバスの順番待ちの列は、そうですね、大体平和公園からうちの教室まで続いているような距離です。はじめてみたときはかなり驚きです。


もともと燃料やガスが足りていたわけではないところにこの燃料閉鎖があり、さすがのネパール人たちもかなりお疲れの様子です。

地震後に訪れたときのほうがまだみんな元気でした。

今は何をするにも前の倍時間がかかったりお金が必要になったりで、みんなもちょっと疲れが出てきてる様子。

「正直、地震よりもこの燃料ストップがこたえてるよ」とみんな口をそろえて言ってます。


こちらの現状を見て何から書き始めようかな~と2-3日思案してましたが、日本の人にもやっぱり知ってほしいなと思って記事にしました。


また少しずつ書きます。

3月の教室スケジュール 公開しました


3月の教室スケジュール、公開しました。

3月はライフスタイルのワークショップとして浄化方法について学べます。

日々知らない間に疲れがたまっているあなたは日々の浄化が足りないのかもしれません。

ぜひご参加ください。

ちなみに、予約はネパール出張で不在のため、メールでのみ受付となります。
3月中旬以降は電話でも対応できます。

たくさんのお申し込みお待ちしております。




2016-01-16

無事に着きました

昨日無事にネパールに着きました。

ネパール、今年はかなり寒いよと言われてきましたが、私たちが来てから日が差して日中は結構暖かいです。油断は大敵。ということで、毎日ネパールのあったかグッズを着こんですごしております。



今年はこちらは雨が少なく、水力発電のみのネパールではただいま計画停電15時間。
それに輪をかけてインドからの燃料ストップもあって、ガスがなかなか使えない状態です。


まきを使って料理してる人もいますし、電磁調理器を買ってきてそれで作ってる人もいますが、停電があるので、電気もなかなか使えない状態です。

毎日当たり前にある電気やガス、水。

これって生きていくうえで基盤になる大切なものなんだなとネパールに来てからひしひし感じております。

とりあえずは無事に着いたという報告を。

また落ち着いてから少しずつ記事をアップしたいと思います。


2016-01-07

ネパール出張と不在期間中の商品お取り扱いについて

ネパール出張と不在期間中の商品取り扱い店についてのお知らせです。

下記の期間、ネパール出張となります。

2016/1/14(木)-3/11(金)

この期間で、ネパールにて仕入れと勉強、そして皆様から集めた募金をもとに、「ネパールx日本 自然と平和の会」の地震支援プログラムを行う予定です。




もどってからまたみなさんが楽しめる教室やプログラムを開催していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


不在期間中 HimalayanYukiの商品をご購入いただけるお店を紹介します。


● 福屋広島駅前店 6階 クロワッサンの店 (取り扱い商品: 紅茶(全種類)、チャイの茶葉、オーガニックスパイス、便利スパイスなど)
広島市南区松原町9-1 Tel 082-568-3606


● こうしい屋 蛇舞珈亭 (取り扱い商品: オーガニック紅茶、生姜パウダー)
広島県広島市西区古江新町1-30 Tel 082-274-7277

HimalayanYukiの紅茶がメニューで飲めるお店

● Chai Shop ピンカートンズスーク
広島県広島市中区八丁堀8-1 Tel 082-227-1970
ネパールのオーガニック紅茶が楽しめます。

● littleones
広島県広島市西区大芝3-4-2 Tel 050-1294-6483
ネパールのオーガニック紅茶が楽しめます。


不在期間中もHimalayanYukiの商品をよろしくお願いいたします!
おいしい紅茶やスパイスが恋しくなったらぜひ上記お店に足をお運びください!

また、ネパールでもブログを更新していきます。
ぜひみてください!

2016-01-04

本年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。


2016年がスタートしました。

写真はネパールの世界遺産、スワヤンブナート寺院のおさるさんです。