HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
7&8月のスケジュール公開しました。
ウェブサイトの「教室スケジュール」からご覧ください。
イベント情報
7月は紅茶試飲会を行います。 
詳細はこちらから

7月21日(金)19:00- シンギングボール リラクゼーションプログラム「ピースフルマインド」を開催いたします。詳しくはこちらから







ネパール地震 支援金を募集しています。詳しくはこちらから。より多くの方の協力をお願いいたします。
募金箱設置場所はこちらから

ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会






Happyヘナのウェブサイトはこちらから
Happyヘナのブログはこちらから


ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2014-01-25

アチャールを作る

アチャールとは、ネパール人たちが毎日食べる、和え物。

ダール(豆のスープ)・バット(ごはん)・タルカリ(スパイスの炒め物)・アチャール(和え物)。このセットを毎日食べます。もちろん、材料はいろいろ変わりますよ。

その中で、辛くて酸っぱいのがアチャールです。


ヒマラヤンユキのお料理教室でもちょこちょこでてくるアチャール。
現地ではどうやって作っているのか、見てみよう!
どーん。これがアチャールの必須アイテム。
石の板と石!炭火で焼いたトマトの皮をむいて、この石の板の上でつぶすわけです。

炭火でやいたトマト(左上)、作っているところ(右)、
そしてできあがったアチャール(左下)
 この石の板と石でネパールの人たちは、炒ったスパイスやごま、にんにくや生姜などなど。
さまざまなものをつぶします。

ちなみにアチャールは1スプーン分が1人分です。
たくさんは食べれないです。日本でいう、漬物みたいな存在でしょうか。




2 件のコメント:

samjhana さんのコメント...

板の上でトマトも潰すなんてワイルドですねぇ。
石の板と大きな石でスパイスもよい加減でつぶれ美味しくなるのでしょうね。

HimalayanYuki さんのコメント...

samjhanaさん

こんばんは~
そうなんです。この石の大きさがあるからさまざまなものをつぶせるのです。
一家に一台!胡椒やトウガラシもきれーいに細かくできるんですよ。熟練の技がいりますが・・・