HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
5, 6月のスケジュール公開しました。
ウェブサイトの「教室スケジュール」からご覧ください。
イベント情報
6月24日(土) 15:00-16:30 国際ヨガの日 イベント 「瞑想」クラスを開催いたします。
詳細はこちらから



表彰式情報
ネパール&日本 自然と平和の会がこのたびユネスコ奨励賞を受賞いたします。表彰式の情報はこちらから







ネパール地震 支援金を募集しています。詳しくはこちらから。より多くの方の協力をお願いいたします。
募金箱設置場所はこちらから

ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会






Happyヘナのウェブサイトはこちらから
Happyヘナのブログはこちらから


ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2011-03-31

ネパールのはちみつ、入荷しました


*******************************************************************
バターの木のはちみつにお問い合わせいただきました、徳島市柴村様
メール返信がうまくできず、連絡が取れずにいます。
バターの木のはちみつは在庫まだわずかですがありますので、電話番号を
メールまたは電話でお伝えいただけたらと思います。
********************************************************************
ネパールのはちみつが入荷しました。

今回は「ネパールのバターの木」からとれたはちみつです。

英語ではButter Treeというのですが、日本では馴染みがないのでぴんとこない方もいらっしゃるかもしれません。

ということで、バターの木の紹介も載せておきます。
バターの木はネパールの標高400-1400mの非常に急斜面に自生している木です。
この木の種子から先日紹介したギーやバターをつくることができる、非常に貴重な木です。急斜面に自生するため、木に登るのは非常に難しく、種子の収穫も一苦労するのだそうです。

今回はバターの木の花からミツバチたちが集めてくれたはちみつが入荷しました。 自生している木の花なのでもちろん化学肥料は使用していません。 アーユルヴェーダでは朝起きたての空っぽのおなかにはちみつをスプーン1杯食べることを推奨しています。

本当に良いはちみつはネパールでも薬として使用されているほど効果的。ぜひ、ネパールのバターの木のはちみつ、お試し下さい。 ご試食もできますよ。お気軽に声をかけてください。

50g 1500円→1050円
100g 3000円→2100円


で販売しております。興味ある方はぜひどうぞ。

2011-03-29

本日から営業開始しました

本日 3/29(火)より営業開始いたしました。
ネパール出張のため長い間日本を不在にしていて、申し訳ありませんでした。


4月より教室が再開しますので、興味ある方・ご都合よい方ぜひご参加ください。
少しずつ新しい内容を増やしていく予定です。ネパールの知恵を多くのみなさんに感じていただける内容をそろえていく予定ですので楽しみにしていてください。

新商品も少しずつみなさんにご紹介できたらと思っています。

今後ともHimalayanYukiをよろしくお願いいたします。

お知らせ: 4月の料理教室のメニューと写真をアップしています。スケジュール情報よりご確認ください。

2011-03-24

無事に帰国しました

昨日(3/23)に無事に帰国しました。
メールをいただいたりお気遣いいただいたみなさまありがとうございます。


事務所の再開は3/29になります。
29日以降はみなさんを新しい風で迎えれるようにしたいと思います。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

HimalayanYuki

2011-03-20

地震被災者への黙祷

3月11日に地震がおきてから自分たちに何ができるかなと考えていました。

いろいろ話あった結果、HimalayanYukiの主催で東日本大地震で被害にあった方に祈りをささげようということで、寺院に行き、灯りをともし、黙祷をしました。

日本の地震で被害にあった方たちへ黙祷するんだよというと、ネパール人の人たちもぜひやろうと参加してくれました。


寺院の前にある灯をともすところに綿の糸から作ったキャンドルの糸を置き、そこにオイルをいれていきます。
綿の糸はネパールのお母さんが手作りで作ってくれました。



そこに灯をともしていきます。



風がとても強くて、灯をともしたあとすぐ消えてしまうものもありました。
そうしたらみんなが手で囲んでくれたり、道を通った人が消えた灯をともしてくれるのを手伝ってくれたりしました。

人のやさしさに助けられながらすべての灯をともし、寺院の中で祈りをささげ1分間の黙祷をしました。
東日本大地震で被害にあったすべての命のあるもの、人、動物、虫が安らかに眠れるように、そして現在も苦しんでいる人たちの苦しみや痛みが1日も早くやわらぐようにと。

この黙祷もいろんな方たちが参加してくれたおかげで優しい空気に包まれて終わりました。
人の温かさを感じて、ともした灯を見つめながら希望がわきでた夜でした。

2011-03-17

4月の教室スケジュール更新しました

4月の教室スケジュールを更新いたしました。

教室スケジュールは右フレームの「HimalayanYuki講習スケジュール」よりご確認ください。

ネパール出張明けの初めての教室になります。
より多くの方のご参加お待ちしてます!

ネパールからの日本支援について

東日本の大地震のニュースはネパールでも毎日流れています。

どこに行っても日本の地震について聞かれ、みんなラジオやテレビ、インターネットにかなり注目をもってみてます。
遠いところに住んでいる方たちからも心配してるとの電話をいただいてます。

ネパールからもレスキュー隊第1陣15名が派遣されたそうです。
第4陣まで組まれて今から派遣される予定です。
5000枚の毛布も送られました。

ネパールでもできるところから支援ができるようにと体制が整ってきています。

今はみんな原子力発電所の爆発に非常に関心が高いです。

今回の地震のニュースで日本が原発をしていることを知った人も多く、
「日本はどうして水も電気も豊かなのに原発をするの?」とか、「世界で唯一の被爆国なのになぜ原発をするの?」とかいろんな質問を受けます。

ネパールでは毎日計画停電と水の備蓄を行っています。今回の地震は日本を始め世界中の人たちに自然の驚異とエネルギーのあり方について考えさせるものになりました。

今は被災者の方たちの救援が1日でも早く軌道にのることを祈ります。

2011-03-14

ネパールでの地震報道について

11日の14時46分に起きた地震。
私たちはネパールにいて地震の直後にネパール人の友人から電話で知りました。
「東日本でマグニチュード9の大地震が起きて大変なことになってるみたいだよ!」と、かなり心配そうな声で伝えてくれました。

その後、テレビのある場所に移動するとみんなが日本の地震のニュースにかなり注目してみてました。

おうちに戻ってもネパールの友人からたくさんの電話があり、家族や友人、東日本に住んでいる方たちの安否を気遣う内容ばかりです。毎日外にでると地震の話題がでて、ネパールの人たちもみんな日本の被災者の人たちを想う気持ちであふれています。

刻々と伝えられる日本の現状に不安になりながらも片方でネパールの人たちの優しい気持ちをいただき支えられているなと感じる日々です。

日本の皆様にもネパールの人たちの気持ちを届けたくてこの記事を書きました。

2011-03-13

クロワッサンの店での紅茶試飲会のお知らせ


福屋広島駅前店、6階のクロワッサンの店で紅茶試飲会を行います!

今回はネパールで仕入れたてのほやほやの新鮮な紅茶がご紹介できそうです。

場所: 福屋広島駅前店 6階
日時: 4/16(土) 17(日) 10:00-17:30

ぜひ!足をお運びください。

おいしい紅茶準備してお待ちしてます~

2011-03-10

村の暮らし: 母は強し編

ネパールの村の女性はよく働きます。
妊娠中も臨月のときまで草を運んだり、荷物を運んだり、力仕事も本当によくこなします。


あるとき見かけたお母さん。
豆の入ったおもーい袋の上に子供をかついで力強く歩いてました。
ネパールも日本も母は強し!ですね。

2011-03-09

アートまつりに参加します

4月のイベントのお知らせです。

第3回目の開催となったアートまつり。
気持ちの良い向原での野外イベントです。

晴れるととっても気持ちのよい空間です。
ヒマラヤンユキは初回から参加させていただいてますが、いろんなお店がでていて本当に楽しいお祭りです。主催者の方々も参加ブースの皆様も元気があって、活気にあふれてます。


市内からも車で1時間~1時間半くらいの距離なのでお友達を誘ってドライブがてらアートまつりに足を運んでみてはいかがでしょうか。

今年は去年よりも参加団体が多くなるみたいです!

「第3回 アートまつり in 向原」
4月10日(日) 10:00~16:00
向原町 ふるさと河原公園にて

イベントの情報を発信しているブログはこちらから!

去年の様子はこちらから!

ロクタの木

無事カトマンズに戻りました。
今日はネパールの手漉き紙のお話です。

ネパールも和紙のような手漉き紙があります。
この手漉き紙はロクタという木から作られ、世界で一番強い紙と定評があります。

このロクタの木は標高1900メートルに生息します。


ロクタはこんな木です。5mの高さまで成長します。切ったら3-4年で元の高さまで成長します。
花はこんなにかわいいのですよ。


この花からキンモクセイのようなとっても良い香りがします。
ロクタの森を通ったらこの香りがいっぱい広がります。

ロクタの木の皮を原料として、ロクタペーパーができあがります。
このロクタペーパーは耐久性に優れ、半永久的に使用できるのでネパールの政府関係の書類にはすべて使用されています。
風合いも美しく、世界的にもファンの多い紙です。
ヒマラヤンユキでもロクタペーパーの魅力を多くの人に伝えたくて、ノートやペーパーなども取り扱ってます。とても高品質の紙なので、大切なことを書くのに使う人が多いです。
興味ある方はぜひ手にとって見てみてください。

2011-03-06

お知らせ

以下の期間をカトマンズより外に出ます。
この期間はメールの返信ができませんのでご了承くださいませ。

3/7(日)~3/9(火)

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

梅の花


カトマンズではあちらこちらで梅の花が咲いてます。
桜も満開で咲いております。

しかも1-2週間前くらいからすでに咲いておりました。
それだけ気温が温かいということですね。

追記:この数日の間になんと日本の桜がネパールから伝わったという話を聴きました!
いろんなものがヒマラヤの麓から世界に発信されてのだということを再認識しました。

2011-03-04

感情を表す

カトマンズではスピードがあまりでない(交通量が多いため)のろのろ運転が多いのですが、やはり事故はあります。

今日もバスで向かう途中、学生さんがトラックにひかれて亡くなるという悲しい事故がありました。

そんなとき、ネパールの人たちは怒り、悲しみ、道を閉鎖します。車が入れないのでバスは途中で止まり、乗客はてくてくと歩くことに。先まで行くと学生さんと同じ学校に通う子供たちが手をつないで道を封鎖していました。



大体の場合は車だけが通れなくなるのですが、今回は学生さんたちの壁があって歩いてる人たちも先に進めない状態でした。で、私たち歩行者は近くのおうちの裏道を通って、大通りにでてバスが通っている道までてくてくと30分歩いていきました。



だんだんと暑くなってきて、喉はかわくはでアイスクリーム屋さんの前に人だかりが!

ネパールではこうやって死亡事故や大きな事故になると人々が悲しみをあらわにして道を閉鎖してしまうことが多々あります。
以前はよく理解できなかったこの行為。

でもネパールでは日本のように保険はないし、事故を処理するシステムも確立されてないし、政府の支援も少ないので、人々はこうやって自分たちの感情を表して整理していくしかないのだろうなと、最近ゆっくりと理解してきました。



この道の閉鎖は2-3時間で終わり、帰りは元に戻っていました。

2011-03-03

シヴァラットリ

おとといはシヴァラットリでした。
シヴァラットリとはヒンズー教の神様、シヴァ神を祭るお祭りです。

シヴァ神とは破壊の神様です。
夜みんな外にでて火を燃やし、シヴァ神を迎えます。夜はあちこちで大きな焚き火をしてます。




シヴァ神を祭るパシュパティナートというお寺では終日遠方からおまいりに来る信者たちでいっぱいでした。
日本のとんどのようなものですね。

近くのお寺に行ってみると、灯りをともしていました。

みんなこの火に手をかざしてその手を頭や胸のところに持っていきます。
その姿はとても美しいです。
子供たちもみんなこうやって小さいころからシヴァ神を通じて火の美しさと恐ろしさを自然に学んでいくのでしょうね。

2011-03-01

教育支援プログラム終了しました



昨日無事にカトマンズに戻りました。
村の先生たちを集めての「愛と信頼を通じた教育 Education with Love and Affection」。


初めての試みでしたが、参加してくださった先生方は本当に真剣に耳をかたむけてくれました。

ネパールでは日常的に先生から体罰を受けることも多く、先生たちに改めて体罰が本当に解決策になるのかなどを考えるきっかけになったかなと思います。
日本の教育システムについても紹介できました。みなさん本当に興味深くいろんな質問がありました。

ネパールでは社会のネットワークはまだまだ強いし、おうちでも大家族だから結びつきも強いです。
こういう環境で、「愛と信頼 Love and Affection」を意識した教育をはじめるということが本当の意味での成長につながると実感しました。
ほかの学校でもぜひやってもらいたいという要望をいただきました。

またこの様子は後日詳細にお伝えしますね。
みなさんから集めた募金の使用用途などもお伝えします。