HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
11月のスケジュール公開しました。
ウェブサイトの「教室スケジュール」からご覧ください。








ネパール地震 支援金を募集しています。詳しくはこちらから。より多くの方の協力をお願いいたします。
募金箱設置場所はこちらから

ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会






Happyヘナのウェブサイトはこちらから
Happyヘナのブログはこちらから


ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2014-01-21

ネパールのフェリー

2日間かけての旅での出来事。

2日目はジープにのりかえて、再び出発しました。

途中までは渋滞もなく、景色を眺めたりしてスムーズな旅。

やってきた、フェリーポイント。

この川には車が通れる橋がかかってなくて(ただいま建設中) モンスーンの時期以外は、このフェリーを使うと聞いてました。
ネパールのフェリーは初めて!わくわくしちゃうな~と楽しみで行ってみると。

じゃーん。これがネパールのフェリー。
川は結構深いため、ジープでも通れません。そのためみんなこのフェリーで川の向こうまで渡るわけです。これにはモーターも何もなく、人がワイヤーをしめてから放す力で動くという、なんと人力のフェリー。

川のあちら側にて待っている車と人。

こちら側のフェリーに大型トラックと人をのせて・・・出発

とりあえずのればあっという間に向こう岸へ。ただし大型のバスやトラックの1台のみしかのれません。

あちら側の到着。
見てると結構スムーズにいくのかなと思いつつも・・・
私たちがきた方向からはものすごい車が次から次へと列をなしていきます。

またこれがどこにみんな並んでいるかよくわからない並び方。
私たちがついたときには列がすでに3列くらいになっていて、順番に混乱が起きるのではと心配していたらやっぱり誰が先だったかでケンカになってまたストップ。

結局、私たちの番が回ってきたのは4時間後でした。
私たちの車は小さ目だったので、他の車と一緒に乗せてもらえたのですが、他の大型トラックやバスの運転手さんたちはかなりぶーぶー文句言ってました。

車の中では待ちきれず、外にでて川を眺めたり遊んだり、お話したりしてみんな待っているのですが、待ち疲れ。

帰りもやっぱり4時間まってからやっと渡れました。
フェリーは6時までなので、前の日の2時から待ってる人もいましたよ。

ケンカの仲裁やまとめたりする人、見物する人、いろんな人がいましたが、みんなの希望はただ1つ。
「早く橋が完成しないかな~」とのことでした。



2 件のコメント:

samjhana さんのコメント...

川を渡るのに4時間かぁ~。
毎回通る人は辛抱強い人になりますねぇ。
トラックを乗せて運ぶフェリーが人力とは!
人の力って凄いもんですね。

HimalayanYuki さんのコメント...

samjhanaさん

こんにちは!
そうなんです。毎回橋を通る人は、ちょっと手前の道路で来る車の運転手さんと今日は橋まで行かないほうがいいかとか、情報交換してました。12時間待つこともよくあるそうで、本当大変です!