HimalayanYukiからのお知らせ

ヒマラヤンユキ スケジュールカレンダーはこちらから!
2018年1月のスケジュール公開しました。
ウェブサイトの「教室スケジュール」からご覧ください。








ネパール地震 支援金を募集しています。詳しくはこちらから。より多くの方の協力をお願いいたします。
募金箱設置場所はこちらから

ネパール地震関連情報はこちらから ネパール&日本 自然と平和の会






Happyヘナのウェブサイトはこちらから
Happyヘナのブログはこちらから


ネパールの気ままな犬日記こちらから



HimalayanYuki Twitter



2012-01-20

焚き火をかこんで

ネパールでは夜も屋台や道にお店をだしている人が多いです。

日中は太陽の暖かさがありますが、朝晩はかなり冷え込むカトマンズ。
夜が近づくと街のあちこちで焚き火を囲む風景が見られます。

焚き火は誰でもあたってもいいです。
寒い人はどうぞという感じでオープン。近所の人たちが集まってお話をしたり、人を集めるのにも一役かってます。

子供たちも焚き火を囲む姿が見られます。

焚き火は日本ではすっかり見られなくなりました。ガスの火以外はあまり見ることがありませんね。

日本の人は「あちこちで焚き火して危ないじゃん!」というかもしれませんが、実際大きな火事につながることはほとんどありません。

ネパールではこうして焚き火をすることで、火を近くに感じ、火の温かさと怖さ両方をみんな知っています。

2 件のコメント:

まつもと さんのコメント...

焚き火暖かいですよね。ガスの炎とも違って、あの色に癒される気がします。
誰でもウェルカムなのがまたいいですね。

HimalayanYuki さんのコメント...

まつもとさん

そうなんです!
ガスの炎とも違い、あの色には心から癒されます。

焚き火をするみんなを見て、炎を見てなんかほっとするんですね。火は人間の発展とともにずっと側にある存在だから、やはりとても大切な要素です。